究極の自由を手にする「ブレイキング・バッド」

人気作品目白押しのnetflixの海外ドラマにあって、あんまり日本では注目されてる作品は言いがた男気洩れる地味なオッサンがある理由をきっかけに家族の為に膨大な遺産を残そうと孤軍奮闘するストーリーが��ブレイキング・バッド�≠ネのです。

これは私としては色々感銘を受けた作品のひとつなのですが主人公の高校教師ウォルター・ホワイトは真面目一筋の高校教師(科学の先生)、そういった真面目で地道にきっちり人生を歩んで来たものの徹頭徹尾冴えも無くツキも無く貧乏神にも祟られような彼の人生は何もいい事ひとつ起こりません。

こんな彼が忽ちお医者さんから運命の宣告を通してしまい大きなショックを受けた事から話は踏み出すのです。

実は彼、末期の癌を宣告されたわけですが、それを知った途端に彼は人生を一変させてしまうのです!本当に��死を覚悟した者には最高の自由が受け取れる�≠ニ決意したウォルターは多額の遺産を家族に残す為に孤軍奮闘するのです。

そして、コンプライアンスなど糞くらえ!もう何でも有りで暴走して行くのです。

その行いこそ家族に内緒で絶対手を出してはいけない大犯罪(麻薬の製造)に手を染め多額の富を築くのですが彼は人間性だけは元のまま(根は容易いが貧乏性)滅多にお金を使わずお金儲けを楽しむ事に生きがいを探し大暴れするというストーリーなのです。

しかしながら腹黒い事はおのずとことごとくバレる物(家族にも)、なんとか孤立し淋しい人生を贈る羽目に堕ちいてしまいますが残り少ない人生を覚悟したオッサンは著しいのです!そんな事でタダでは転ばぬ主人公はもっとパワーアップし大騒動を巻き起こし関する全ての人々を混乱させるのです。

そういう本作を見た私の感想ですが、人は何かを覚悟した時、広く変われるという事、つまり心底自由になれるのです。
自由は自分が決めた事を行使見込める権利を自分の理性が認めた時こそ成り立つ世界ではないのか?そんな事を感じさせてくれる秀作��ブレイキング・バッド�≠ヘ本当に話の流れが楽しく世界一の高評価ドラマとしてギネスブックにも載ってる程だ。

是非とも世間の荒波に飲まれつつも手掛けるオジサン諸君に見てほしい、いや!自由大好きオジサン達こそ見極めるべく作品なので心よりおすすめ致します。参照サイト