お中元のお返しはペット緑茶が最適

最近の会社で良く広がる傾向をここでご紹介しますと会社宛に届いたお歳暮やお中元、そしてお返しの品は全て総務が管理しお中元時であればお盆休が終わった後に全社員でくじ引きで隔てる事が公平な分配方法となっているようです。
最近どの会社でもコンプライアンスを重視した物の考え方が定着しているのか私の知ってる限りどこも同じわけ方をしてるみたいで対処は皆同じだと心から思い知らされた次第です。
そこで問題なのは山分け見込める品とワンポイント物で仕切る事が出来ない品が混在する事だ。
そのように独り占めしか出来ない品が混じった場合はどうすれば良いのか?正しく特等賞としてその高価な品をその人だけがくださる権利を加えたら良いのですが当った人が高給取りの人だった場合は陰で妬まれ照れくさい思いをする事も多々あるようです。
その反面、全然仕事を真面目にしないと噂されてる属名サボリーマンの人が当てた場合も同じく陰で叩かれ周りは理不尽な結果と受け止められがちだ。
そんな事を考えた場合、とにかく皆で分け易い物が一番無難で総務も分け易いと思われますが、お中元やお歳暮を貰った会社がその品をどのように扱っているのかによっては差し上げる側も策する時代ではないでしょうか。
無論お返しする場合も同様でギフトは皆で隔てる事が大原則として掛かる会社にお返しするのであればメーカー限定箱に入ったギフトセットなどにはせずに、例えば24缶入りか30缶入りの缶ジュースやカップラーメンを簡易包装のみでケースで差しあげる等、体裁に嵌る必要など全く無いと思われますしそんな物の方がよほど気が利いてるとしてしまうのは私だけでしょうか。
そして灼熱の夏でのお返しで一番喜ばれるのは何と言ってもさすがペットボトル500mlの緑茶をケースなどを贈る事が最適かと思われますし、お返しに取り扱う際にも先方様に気を使わせません。
何よりも緑茶なら嫌いな人や苦手な人など滅多に存在しないし、缶コーヒーならブラックしか飲まない人も居れば微糖が好きな人とか嗜好がわかれるがそういう心配一切無用と断言できるからです。
そして最も愚の骨頂なのが好き好みがわかれる変なジュースや炭酸飲料などではないかと思われます。
飽くまでも悪趣味の押し売りみたいな変わった飲み物だけはご法度なので是非ご注意くださいませ。Webサイト